箱根温泉の歴史と魅力

都内からでもアクセスがしやすい温泉地として高い人気があるのが箱根です。
ここではまず、この箱根温泉がどのようなものであるのかについて紹介します。
箱根温泉は箱根火山の麓から中腹に広がっている温泉街のことであり、この付近は富士箱根伊豆国立公園として指定されています。
実はこの箱根の温泉というのは非常に長い歴史を持っています。
歴史上の文献に箱根が温泉地として初めて記されることになったのが、奈良時代のことでした。
奈良時代のお坊さんがこの場所を発見し、その際に利用された源泉というのは今なお使用されています。
これが一般層に普及し、多くの人によって入られるようになったのは、豊臣秀吉に由来があります。

豊臣秀吉は織田信長亡き後、天下統一の最後の仕上げとして当時の関東を当地していた小田原氏を攻めました。
この小田原征伐を行った際に当時をしたと言われているのがこの箱根温泉です。
小田原城は難攻不落の城と呼ばれる場所であり、攻略には長い時間が掛かりました。
その分だけ、この箱根での湯治の価値も高まったといえるでしょう。
その後、時代が江戸に移ると箱根には五街道の1つである東海道が通るようになります。
これによって、一般の人も移動の際に箱根温泉に立ち寄るようになっていきました。
本格的な観光地としての開拓が始まったのはさらに進んで明治時代以降のことですが、現在でも愛される箱根の姿はすでにあったのです。
さて、それではここからは、箱根のグルメについて紹介します。



《Recommend Site》
温泉地として高い人気がある箱根の宿泊施設を紹介しているサイトです ⇒⇒⇒ 箱根 宿泊施設